吉祥寺・三鷹カウンセリングセンター Kicijoji/Mitaka Center for Clinical Psychology & Counseling; KiMiC

利用規約

制定:2020年3月10日

修正:2020年6月6日


予約方法

  • 本ページの「利用規約」をお読みになり同意された上での予約となります。
  • 予約はネット上のフォーム電話でできます。
【お願い】
  1. ネット経由〈予約受付〉の返信メールはパソコンから送ります。携帯電話のアドレスを使われている場合、パソコンからのメールを受信拒否しないように、受信設定をお願いいたします。
    • gmail.comを受信できるように設定してください。
  2. 電話経由でお申し込みの場合は、折り返しスタッフから連絡いたします。
    • 電話でお問い合わせ頂き、ご希望の時間が空いていれば面接対応できる場合がございます。
  3. ご連絡後に3日以上経っても当方から連絡がない場合は、お手数ですが再度ご連絡をお願い致します。また、お返事が迷惑メールに振り分けられていないか、受信設定に問題はないかをご確認ください。
    • 電話の場合は、発信番号が表示される設定になっているかご確認ください(最初に「186」の後に当方の番号へ)。
  4. 代金は、予約日を確定後にお振り込みをお願いしております。大変恐縮ではございますが振込手数料はご負担いただきますようお願い申し上げます。
  • なお事前のお支払いが間に合わない場合は、前もってご連絡下さい。

キャンセル

  • キャンセルはネットならびにお電話で承ります。
  • 予約の前々日の午後6時までは予約を取り消してもキャンセル料はかかりません。
  • 予約日の前日のキャンセルは利用料金の50%のキャンセル料になります。
  • 予約日の当日のキャンセルは利用料金の100%のキャンセル料になります。
  • 連絡の有無に関わらず、来所がない場合はキャンセルとなります。
  • 指定された期日までに、料金の振り込みがない場合はキャンセルとなります。
    • なお事前のお支払いが間に合わない場合は、前もってご連絡下さい。
  • キャンセル料については、「預かり金」という形での対応をいたします。
    • 詳しくは、「預かり金の取り扱い」をご覧下さい。
  • 「キャンセル」した場合の次の予約日の申込は、下記の「予約変更」の記載に従って下さい。
  • 台風・地震など自然災害ならびに伝染病の蔓延による来室が困難な状況は、別途対応を考慮いたします。

予約変更

  • 予約変更はネットならびにお電話で承ります。

  • ネットで予約を変更するときは、一旦予約を取り消してから再度予約を入れてください。

  • 前日と当日の予約変更はできないのでキャンセル扱いとなります。

  • キャンセルの場合に、変更した面接日の希望は当初の予約日から30日以内の日にちで設定して頂くようにお願いいたします

  • 上記の期限までに次回の日程を決めて頂かなかった場合は、キャンセル扱いとなりキャンセル料を申し受けます。


来所時間と遅刻

  • 待合室がございません。予約時間直前に御来室下さい(遠隔カウンセリングの場合は予約時間直前にアクセスしてください)。
    • レンタルルーム(主に吉祥寺駅最寄り)を利用する場合(当面)は、定時から5分経過した時間の来室をお願いしております。
  • 遅刻の場合は、その分カウンセリングの時間が短くなります。
  • 原則的に時間枠を後にずれ込ませることはできません。
    • なお次の時間帯の枠が空いていて、引き続きカウンセリングをご希望された場合にのみ、延長扱いの対応を取ることはできます。
  • カウンセラーは予約時間中は待機しています。遅刻の連絡はしていただかなくてもかまいません。

預かり金の取り扱い

  • 初回(第1回)面接の後に、1回分の料金を「預かり金」として当方が受け取ります。1回分相当額の振込をお願いします。
    • 「預かり金」は、キャンセル料に充当します。
      • キャンセルが発生した次の面接で再び「預かり金」の支払いをお願いします。
    • 「預かり金」は、カウンセリングが進展し、当方と最終回の合意をした場合に全額をお返しいたします。
    • あるいは、カウンセリング継続に関して中止のお申し出があった場合に「預かり金」を返金いたします。
    • 大変恐縮ではございますが振込手数料はご負担いただきますようお願い申し上げます。

カウンセリング開始前に知っていただきたいこと

  • 当相談室は、完全予約制による面接(カウンセリング)を行います。
  • 当相談室は医療機関ではありませんので健康保険は適用されません。
  • カウンセリング申込時に医療機関(精神科・心療内科)へ通院中の場合に、主治医の許可を得てください。その上で医療機関発行の「情報提供書(あるいは診断書)」を初回面接時にご持参することをお願いします。
  • カウンセリングが有効でないと判断される場合には、理由を説明の上で面接をお断りすることもあります。
  • またカウンセリングが開始された後も専門機関(特に医療機関)の利用が適切だと判断した場合はその旨をお伝えしてその利用を促すことがございます。
  • カウンセリング予約完了後の返信にて、場所などの詳しい情報をご提示します。
  • 日時や面接場所について必ずご希望に添えるというわけではありません。
  • 守秘義務
    1. カウンセラーはカウンセリングの内容を他言しません。
    2. カウンセラーは通常紙やパソコンなどで記録を取りますが、記録として録音や録画をする場合は、事前に許可を求めます。利用者が許可するかどうかは任意であり、拒否することによって不利益は生じません。
    3. カウンセラーがよりよいサービスを提供するために、カウンセリングの内容を個人が特定できないようにプライバシーに配慮した上で、学会や論文、専門書や研究会で発表するときは、事前に許可を求めます。利用者が許可するかどうかは任意であり、拒否することによって不利益は生じません。発表前であれば、利用者がいつでも発表許可を取り消すことはできます。
    4. 相談室のスタッフ内で、必要に応じてカウンセリングの内容を共有することがあります。
  • 守秘義務の例外
    • 以下の場合には守秘義務は利用者の承諾なしに解除されます。
    1. 利用者もしくはその関係者の身体や財産が危険にさらされていると判断した場合。
    2. 利用者が虐待をしていると判断した場合。
    3. 司法や警察からの情報開示要請が適当と判断した場合。
  • 利用者の禁止事項
    1. カウンセリングを許可なく録音や録画すること。希望される場合は許可を求めてください。
    2. カウンセリングの内容をネット等に掲載すること。
    3. 当方への誹謗・中傷など、社会的信用や名誉を傷つける行為。
    4. 当方へのハラスメント(嫌がらせ)、ストーカー、営利活動、宗教活動などの営業妨害行為。
    5. カウンセラーの他の勤務先に連絡を取ること(問い合せ、訪問、郵便、メール等)すること。

面接をお断りさせていただく場合

以下のような場合には、当相談室での面接対応ができない場合があります。予めご了承ください。

 

  • 医療機関の利用(連携)を複数回にわたって勧めても納得して頂けず受診を拒まれる方
  • 無断キャンセルを繰り返す方
  • 暴力や衝動性が高い方
  • 繰り返す入院歴がある方
  • まずは自分自身で自分を変えて、人生を切り開いていこうという思いのまったく無い方
  • 利用規約にご署名を頂いたにも関わらず、お約束を守らない方